小机城

飯田城、根古屋城とも。標高42m、比高22m。

築城年代築城者不明だが、室町時代・豪族小机氏が築いた館が発祥ともいう。

城郭としての初見は文明八年(1476)長尾景春の乱で、城主・矢野兵庫助は景春方に味方した。一方、上杉氏配下の太田道灌は、豊島泰経を江古田原の合戦で破り、平塚城、石神井城を落とし豊島氏残党と笠原、小机、矢島氏が籠城する小机城を文明十年(1478)一月に攻撃する。この時、泰経は小机城に逃れていたという。この合戦で道灌としては珍しく2ヶ月という長い期間をかけたらしいが、鶴見川を挟んだ対岸に亀之甲山陣城を敷いて攻め落としたという(『太田道灌状』)。また道灌は「小机はまず手習いの初めにて、いろはにほへとちりぢりとなる」と詠じて士気を鼓舞したとの伝説もある。

その後廃城となっていたが、戦国時代・後北条氏時代には小机城が重視され、「小机衆」という軍団が組織し、城代に笠原信為を入れて大改修を実施した。また氏康の子である三郎氏秀が城主になるなど関東進出の前線拠点であった。

天正十八年(1590)豊臣秀吉との小田原城合戦では、小机城は笠原虎千代が守備していたが、豊臣軍の攻撃を受けることなく後北条氏が降伏したので、実際に戦いはなかった。徳川家康の関東入封によって小机城は廃城となった。

遺構保存度の芳しくない神奈川県にあっては、全国に誇れる中世城郭である。このような本格的な城郭が新横浜のスタジアムが望める都会に残っているとは驚き。

(現地案内図)

  

(【左写真】現地案内図 【右写真】本丸の城址石碑。市民の森として小学生らが野球の練習をしていた。)

 

(【左写真】二の丸。本丸とする説もあるが、虎口の構造などからして副郭だろう。【右写真】二の丸物見櫓跡)

 

 (郭を取り巻く空堀の数々。深度もあり、随所に見られて保存状況も良い。)

 

(【左写真】「根古谷」の段郭。屋敷があったのだろう。【右写真】空堀は屈折し、防御度を増している。)

 

(【左写真】本丸と二の丸間の空堀。非常に大規模。【右写真】右に進むと本丸虎口、左に進むと二の丸虎口へ着く。この空堀は堀底道として使用されていたと思われ、ここは最も重要な防御点だったろう。正面切岸の上は細長い曲輪だが、本丸と二の丸をつなぐ重要な施設で、番所などが設置されていたと考えられる。)

(国土地理院発行の2万5千分1地形図

戻る

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO