小柴見城

旭山の麓、長野駅方面の小柴見の山中にある。室町時代に小田切清遠らの支配下にあったという。

規模は小さく、わずかに空堀の址と主郭の削平地を確認できる。

旭山城からも近距離で、武田信玄と上杉謙信の川中島の合戦おいて旭山城の出城的な役割を負ったと考えて自然だろう。周辺街道の監視する砦といった性格のように感じられる。

(現在の城址航空写真)

  

 (主郭と思われる場所)

 

(【左写真】周囲には堀の址が見られる。【右写真】堀切から主郭を望んだもの。)

 戻る
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO