上の山城

津久井郡の寸沢嵐の石老山の東麓の台地にある山城。台地には屋敷などがあって街道も走り、その断崖の小高い山には城が築かれたとの伝承がある。

この城に関する史料はないようだが、街道(信玄道)を監視するとともに、近くの津久井城の出城として戦国期に後北条氏によって築城されたのではないかと思われる。

城の麓の屋敷などがあったという場所は今でも集落になっているが、山城の方はほとんど人も入らないようで荒れ果てている。

  

(必ずしも遺構をハッキリ認識することはできない。山頂付近は中央写真のような巨石が立ちはだかり要害ぶりがわかる。右写真は見晴台にはもってこいの平地。遺構かは不明。)

  

 (郭のような平地も見られる。堀のような窪地もあるが笹で覆われており写真では判別困難。登山道には石像が散見される。)

 

 戻る

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO