又野城

津久井城から近くの又野という集落の台地に城山と呼ばれる場所がある。周囲を相模川などが走っていて天然の要害の地形になっている。

津久井城へは4キロ、反対の狼煙台(間山)へは3.3キロにあって、その中間に位置することから狼煙台のひとつとして後北条氏によって築かれたと考えられる。

ここは今でも同じであるが、津久井街道がすぐ隣に走り、道志川の渡河地点にもあたることから、要衝の地として重視されたのであろう。

  

(城址は宅地化が進んで遺構はない。城域も不明で、下写真の周辺案内図にも城の表示はない。)

 

 戻る

 

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO