奥沢城

もともとは世田谷城の出城として吉良頼康によって築城された。比高5・6メートルの舌状台地にあって、戦国時代には後北条氏の家臣・大平出羽守という武将が在城したという。

四代将軍徳川家綱時代にこの地を賜った珂碩上人によって城の場所に九品仏の浄真寺が開山された。遺構として土塁がよく残っているものの、周辺にあったという堀や大沼などは全く消失している。

  

(本郭址はかなりの面積がある。右写真は周囲によく保存されている土塁。)

 

 戻る

 

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO