潮田館

戦国時代、潮田氏の居館。

潮田氏は、初め入野氏を称していたが、光行の代になって潮田の地に移り住み、地名である潮田を名乗った。光行は北条氏康に従い、永禄十一年(1568)正月に歿した。その嫡男・光永が天正四年(1576)に居館地に開基したのが光永寺である(『日本城郭大系』)。

周辺は海に面した平地であるが、遺構は見られない。

(光永寺)

 

戻る

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO