行方氏館

行方氏は当初、関東管領上杉氏の家臣で、のちに後北条氏に属したこの地の土豪。北蒲田村の円頓寺が館の址であるといわれ、近くを流れる呑川を巧妙に水堀として利用していたらしい。

戦国時代の当主は行方弾正直清で、『小田原衆所領役帳』では「玉縄衆」とされる。豊臣秀吉による小田原の合戦で戦没したようで、直清の弟が開山したその円頓寺に供養塔が残っている。

(円頓寺。遺構はない。)

 

 戻る

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO