天城城

清野氏の本拠である鞍骨城の支城。妻女山の後方に位置する。北国街道の清野から妻女山を抜けて雨宮に至る街道筋を監視していたらしい。

現在の松代・千曲地方には同様の山城がいくつかあり、それらを総括したのが尾根伝いの鞍骨山山頂に築かれた清野氏の本拠である鞍骨城である。鞍骨城をもって中心的な城郭とし、また詰めの城としていたという。このような防御体制が武田信玄と上杉謙信の川中島合戦の前に出来あがっており、それが川中島の戦局にも大きく作用したという。

 

 (この山のさらに奥が城址。妻女山の奥に登山道があり、その先には鞍骨城がそびえる。)

 

 戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO