長尾城

 長尾氏が城主であったといわれ、堀金氏の一族の城と思われるが、地理的には西牧氏によって築城されたようである。その辺りの勢力図はなかなか詳らかではない。

黒沢川扇状地の先端に位置し、東側は断崖、北側は旧黒沢川を堀として、周囲に土塁をめぐらせていた。2つの郭から構成され、戦国時代に東方に備えた出城であるという。

規模は大きく、三角型の本郭と空堀で仕切られた二の郭が確認できるものの、周辺はリンゴ畑と化して保存状態は良くない。

 

  (【左写真】本郭。遺構は良く分からない。 【右写真】本郭と二の郭間の堀切で車道になっている。)

 

  (【左写真】二の郭。本郭は広いがここは狭い 【右写真】城址遠望。この段丘沿いには多くの砦が築かれた。)

(『三郷村誌』より)

 

 戻る

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO