古厩城

 正真寺付近が城址と思われるが遺構らしきものはない。城主は古厩氏で1583年に小笠原貞慶によって誘殺されている。

古厩氏は所領地に中房川から用水を引き、旧千国街道沿いに南北に延びる郷町を形成した。町並みはおおよそ二町余あって上下に鉤の手を造っていたという。この城を中心に小岩嶽城や鼠穴城などを配し威勢を張っていたようだが、小笠原長時、武田信玄時代の活躍はよく分からない。ただ小笠原氏に従って武田信玄に徹底抗戦に及び、その後小笠原貞慶に対して他の豪族とともに謀反を画策したようだ。

明治初期までは正真寺の周辺に堀や郭が残されていたという。

(城址である正真寺付近で、後方には小岩嶽城。)

 

 戻る

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO