於田屋城

南安曇郡南部地方の豪族・西牧氏が鎌倉時代に入る前後に中村居館から移り住み、400数年間に亘って居城とした。

近年まで凸形をなし、その北隅には土塁が残っていたという。西牧氏はここを中心に段丘上に5箇所の砦を構え、北方北条の本神沢端に山砦を築いて背後に北条城を置き、更に中村館及び田屋城をもってその西南方を固め、北部は中塔城を詰め城として実に厳重な布置をしている。

ここのすぐ背後の険しい山頂にある北条城は西牧氏の本城とされ、於田屋城は平時の居住所であろう。

(現地縄張図)

(現地説明板)

 

(古びた説明看板があるものの、一帯は耕作地となり遺構は確認できなかった。)

 

 

 戻る

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO