亀山砦

 南安曇郡南部地方の豪族・西牧氏の本城である北条城の南方を守る山砦。

北条城の東側は急峻で容易に登れないが、南方の尾根は比較的ゆるやかでその弱点を補っている。城山と亀山は尾根と低い鞍部で遮られており一小丘に見える要害。この鞍部は空堀によってさらに下げられ、郭は2つに分かれている。

『梓川村誌』によれば、於田屋の本館に対する尾入沢よりの北西隅の抑えとなって、常時のかまえの監視所として、また重役の居館とされたものと思われ、水の手を守るためにも重要な役割を持った砦であったという。

 

(【左写真】城山遠望。やや右の一番高い所が北条城。亀山砦は一番左のピーク。於田屋城より撮影。)

(【右写真】本郭でかなり広い。夏場は藪で入れないが土塁もあるという。)

 

 (虎口にある深い堀)          (『梓川村誌』より)

 

 戻る

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO