大熊城

大熊城は千野氏居城と伝えられ、文献上では文明十五年(1483)にその名が見られる。諏訪神社上社大祝側に属する山城で、当時対立していた下社大祝金刺氏との攻防の場となった。

天文十一年(1542)武田信玄の侵攻によって落城し、天文17年頃破却された。

城は三日月形をした自然丘陵上に主曲輪を築き、周囲に六カ所の曲輪を配したいわゆる連郭式城郭である。主曲輪の南側には長さ20mの土塁があり、その上には千野氏の名を刻んだ石祠が建っている。昭和48年に行われた発掘調査では堀・建物跡・土橋が発見され、築城の様子が明らかになった。また、大熊城に隣接する山城・荒神山遺跡からは城主の居館跡とみられる建物跡も発見された。

しかし現在では耕作地となり発掘時の遺構は埋もれてしまった。

   

 

 戻る

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO