与縄城

日影城、平城とも。与縄は朝日河の両岸にまたがって発達した集落。館は70m−80mの東西に並ぶ2つの郭で構成されていたという。郭や堀の址が残っていたというが今は明確でない。

城主は谷口豊後守と伝わるが、どのような人物かは不明である。ただ戦国時代の領主小山田越中守信有の娘が建立したという天正寺がこの地にあるので、小山田氏支配の時代、相模方面に対する抑えとして城が利用されたという説がある。背後には城山と呼ばれる詰めの城が屹立している。城山は本郭・東郭・西郭・帯郭に分かれいるらしく、秋山往還および朝日川への入り口を抑える要地に位置している。

 

 (【左写真】居城址だが遺構は明確でない 【右写真】詰めに使ったと思われる城山がする背後にそびえる)

 

 戻る

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO