中ノ陣城

標高940m、比高300m。鎌倉時代、会田海野氏による築城に始まるといわれる。

会田氏は、天文二二年(1553)四月、武田勢の火攻めにより、降伏して武田氏の家臣となった。天正十年 (1582)、小笠原勢の攻撃を受けてこの城が落城し、最後は矢久の覆盆子城(いちご)に逃れ、敗れたといわれる。

現存する遺構は、小笠原系の城主により会田氏滅亡後、天正10年から18年頃に再構築されたものと推察され、松本の林大城山家城などと共通性がある。この城は、虚空蔵山にある峯の城・秋吉砦・うつつ城などの中心となっていたとされる。東南西面は急傾斜で登れず、北面には深い堀切が設けられて要害になっている。主郭の周りは平石積の石垣を用いた土塁を巡らして守り、南面石垣下には数段の郭が続く。今でも、主郭部から炭化米が出るという(『現地説明板』)。

林道虚空蔵線に中ノ陣城登山道の案内棒があり、そこから登っていくと山道が分岐しており、左に進めばほどなく城址。なお、右に登っていくと虚空蔵山城へ着く。

 

(登山道入口。新潟中越地震で土砂崩れしている。)

 

(【左写真】本郭の城址碑 【右写真】本郭を囲む石積み)

 

(【左写真】本郭で奥に土塁あり 【右写真】自作縄張り図)

(国土地理院発行の2万5千分1地形図

 

 戻る

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO