塔原氏館

鎌倉時代、川手郷の地頭となって東信から川手に進出してきた海野氏の一族・塔原氏の居館。詰めの城である塔ノ原城のある長峰山の山麓、雲龍寺〜明科中学校付近にあった。

戦国時代の天文二十二年(1553)、武田信玄に攻められて城を捨て、信玄の配下に加わるものの、武田氏滅亡後、松本へ帰領した小笠原氏と対立関係に陥り、天正十一年(1583)に、松本城で誘殺されて滅亡した。この時に居館と塔ノ原城も廃されたといわれている。

 

雲龍寺〜明科中学校)

 

 戻る

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO