小池砦

武田氏がこれを築いて、要害の便としたという伝承がある。(『松本市史』)近くに武田信玄が信濃攻略に際して築城したという村井城があり、そこから埴原城へ向った東側に位置することから、小笠原長時を攻めた天文19年(1550)頃に築かれたものかも知れない。

村井城を対岸に見て、塩見川がうねる要害の場所にあったとするのが自然であろうが、遺構はおろか、その正確な場所も分からない。唯一よすがをうかがえるのは、その塩見川に掛かる「砦橋」という名のみである。

 

 戻る

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO