赤木山城

赤木山の頂上部に位置し、天正13年(1585)に徳川家康の家臣・井伊直政が塩尻峠まで来て小笠原貞慶の動静をうかがいに進軍した時に貞慶はこの城に布陣したという。(『松本市史』)

他に赤木北城、赤木南城があったとされるが、明確ではなく、いずれもこの赤木山城に含んでよいのではないかと感じる。また赤木南城が赤木山南山麓の弘長寺の場所にあったのではないかと推察されているが、それは居館であろうと思われる。赤木山はすっかり開発されており旧状は不明。山頂も広場と化しているが、これは後年のものであろう。

  

(【左写真】山頂は広い平場 【右写真】城址遠望)

 

 戻る

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO