寺方大屋敷

江戸幕府によって編纂された地誌である『新編武蔵国風土記稿』には、現在の寿徳寺付近に大屋敷があったと記されている。住所でいえば多摩市桜ヶ丘4丁目で、一帯は閑静な住宅地であるが、「とりで公園」があり、自然の地形が一部残されている。

「とりで公園」の名前の由緒は不明であるが、口伝によればこの地には中世土豪の屋敷があったと推定されている。しかし『日本城郭大系』も記すとおり、遺構らしきものは見当たらない。

 

 

 戻る

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO