真々部城

真々部の金龍寺一帯が当時の城郭であったとみられる。

城主の真々部尾張守真光は仁科氏の一族で、武田信玄に捕らえられて甲府にて自害させられたという。また、信玄に降って臣となったが、上杉謙信に内通しているとの疑惑をかけられて自刃させられたともいう。その墓碑が現在も金龍寺の境内にひっそりとたたずんでいる。

真々部氏は武田氏滅亡後は小笠原氏に従ったという。

  

(城のあった金龍寺と真々部氏の墓。)

 

 

 戻る

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO