渋江陣屋

かつてこの地には領主である渋江氏の屋敷があり、戦国大名・里見氏の陣屋に使用されたという口伝がある。

里見氏は、義弘の時代に上総、下総両国を占領し、永禄七年(1564)正月に下総国国府台で北条氏康と激戦を交わして敗れている。渋江地区は、その国府台から江戸川を隔てた5キロほどの距離で、荒川沿いの要衝であることから、この国府台合戦の際の陣屋ではないかとも云われている(『日本城郭大系』)。

現在の白髭神社付近が比定されているが、いずれにせよ確証はなく、当然遺構も見当たらない。

(白髭神社)

 

 戻る

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO