作延城

 『新編武蔵国風土記』は作延城の場所を「延命寺背後の山なり」と記している。今では霊園の敷地となり遺構らしきものはない。

築城などの詳細は不明だが、後北条時代には、この付近は増田氏が領しており、屋敷も近辺にあったというから、詰めの城に使用されたとも考えられる。

周辺には枡形山城小沢城などがあり、後北条氏の防御体制の一翼を担っていたのであろう。かつては陣屋、中堀、矢倉、城山堀などの地名も残されおり、遺構も堀切らしきものが丘陵上に確認できたというが、現在はその位置を確かめるのも困難である。

   

(川崎市高津区の緑ヶ丘霊園の一角にある城址の碑と説明文。周囲は一面の墓所で遺構はない。)

 

 (城址の全景。木々の場所は崖になっていてその上が城址で今は霊園。右写真は延命寺で、この寺の近くの道からでも霊園に至ることができる。)

戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO