平田篤胤仮寓跡

平田 篤胤(ひらた あつたね、1776年-1843年)は、江戸時代後期の国学者神道家思想家医者。出羽久保田藩(現在の秋田市)出身。
成人後備中松山藩士の兵学者平田篤穏の養子となる。幼名を正吉、通称を半兵衛。元服してからは胤行、享和年間以降は篤胤と称した。復古神道(古道学)の大成者であり、荷田春満、賀茂真淵、本居宣長とともに国学四大人(うし)の中の一人として位置付けられている(『Wikipedia』)

越ヶ谷久伊豆神社境内のいおりは、平田篤胤の仮寓跡といわれています。平田篤胤は、秋田の大和田清兵衛の四男で、安永5年(1776)に生まれ、平田藤兵衛の養子となって江戸に居住しましたが、国学に専念して、文化元年(1804)には、「真菅乃屋」の家号で国学塾を開きました。のちにこの家号は「伊吹の舎」と改めましたが年ごとに門人がふえていきました(越谷市教育委員会『越谷市の文化財』)。

久伊豆神社の池のほとりに碑が立っている。

 

  

  

戻る

http://srtutsu.ninja-x.jp/

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO