本郷城

本郷城(★埼玉県川口市東本郷)

日本城郭大系』の巻末一覧に「太田道灌築城と伝えられる。遺構なし」とのみ記されている。

傑傳寺(けつでん)が城跡とされ、その境内は太田道灌が築いた塁跡で、南側に大手門があったという(『新編武蔵風土記稿』)。

近くの全棟寺を中興開山した太田備中守輝資(太田道灌の曾孫)が居住した場所という伝承があったらしく、その居館跡とも推定される(『新編武蔵風土記稿』)。

『天桂山傑傳禅寺文書』によれば、傑傳寺は萬治初頭(1658-1661年頃)永平寺第二七世嶺巖英峻禅師の開山で、酒井忠勝(小浜城主)を弔うため建立されたという。忠勝の戒名“空印寺殿傑傳長英大居士”から傑傳を採り寺名としたという(傑傳寺ホームページ)。

現地は断崖に面した丘陵で要害の地である。宅地化が進んでおり、一部に原地形もあるが、土塁などの遺構が残っているのかは判然としない状況である。

 

  

(【左写真】傑傳寺 【右写真】傑傳寺を見上げる。断崖に面した丘陵で要害の地である。

 

2014年9月15日訪問

戻る

http://srtutsu.ninja-x.jp/

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO