谷戸城

甲斐源氏の逸見氏が平安時代に築いた平山城。逸見山一帯に築かれ、山頂の本丸から東に二の丸、三の丸が続き、甲府盆地の西半分が見渡せる。

甲斐と信濃の国境にあり、武田氏滅亡後の徳川氏と北条氏での甲斐の覇権争いの際には北条氏は信濃方から入城し、城に修復を加えて、ここを拠点とした。その遺構が現在残存しているものと思われる。

城址へは周囲に案内板が出ているので迷う事はなかった。小高い丘が城址。公園として整備しているようで工事していた。遺構の発掘もしているようだ。

 

 

(本丸の規模は大きく、北条氏による改修遺構と思われる。)

 

  戻る

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO