根古屋城

竜谷城とも。現在では狭山湖の湖畔の小高い丘の頂上に位置するが、かつては標高30mを越える山の頂上の山城であった。

『日本城郭大系』によれば、城は北側の尾根続きに大手があり、堀切に挟まれた土橋を渡ると土塁があり、馬出しのような郭となっている。さらに土塁に囲まれた本郭、二の郭があり、二の郭の南西部には櫓台も建築され、城址の東側に搦め手を持っているという。

城主はこの一帯を支配していた山口氏であり、代々、山口城を居城としていたが、戦国時代の動乱に従ってより防御能力の高い根古屋城を築城し、本拠を移した。

城址は狭山湖畔、早稲田大学人間科学部に比較的近い場所にあるが、一帯は立ち入り禁止になっており、城址に近づくことは不可能である。その分、人の手には犯されていないのであろうが、破壊の進む山口城とは皮肉な状況にある。

 

戻る 

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO