赤堤塁

世田谷区豪徳寺の北東約1q、小高くなったところに六所神社が鎮座している。いつ頃勧請されたものか定かではないが、近世初頭以来、赤堤村の鎮守となっている。神社の麓、西から南に目黒川の支流が回流している(『日本城郭大系』)。

赤堤村は、戦国時代、吉良氏の頃から開発されており、六所神社はもと吉良氏が世田谷城の北方を守るため、砦を築いた場所であるという(『新編武蔵国風土記稿』)。

豪徳寺から六所神社へ至る道はしだいに高まり、その頂上あたりに六所神社がある。かつてはここから武蔵野の原野が遠望できたのであろう(『日本城郭大系』)。

六所神社だが遺構は無い。

(国土地理院発行の2万5千分1地形図

戻る

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO